Rose Lovesick

http://rose.lovesick.jp ブログ版
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
残暑の花
 ががぶた。
今夏初開花の鏡蓋(ががぶた)。
| はな | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0)
咲く前もその後も
きんもくせい。
つぼみのうちから放たれる甘い香り。咲いてから山吹色の絨毯になるまでの早さ。
あと今少しと想い願う秋の朝。<10月9日撮影>【10月13日更新】
ぎんもくせい。
<10月5日撮影>
| はな | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0)
惜花
そめいよしの。
カメラのバッテリーが充電しても数分しかもたなくなり、この日も
50枚撮らないうちに電池切れ。新しいバッテリーは土曜日着。
そめいよしの。
<<4月12日更新>>府立急性期総合医療センター前
| はな | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0)
俯いて
くりすますろーず。
頭を垂れて咲くその姿、祈りにも似て。
| はな | 13:06 | comments(2) | trackbacks(0)
ぱらぱらぱら
きんもくせい。
<<10月28日更新>>
| はな | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0)
甘い空気
きんもくせい。
この頃では「芳香剤の香り」の代名詞がなくなったようで。<<10月28日更新>>
| はな | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0)
甘い香り
きんもくせい。
ぎんもくせい。
昨日からそこここで甘い香り。
ほんの少しほころんだだけでこんなにも香る、金銀達。
馨しい曇り空の下、黒点病を宿した葉をひたすらもぐ。やがて雨。
| はな | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0)
檸檬
れもん。
檸檬の花。
梶井基次郎の出だしはどうだったっけ、と検索してみると
「えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。」

週末、光文社古典新訳文庫でポーの「モルグ街の殺人」(小川高義氏訳)を再読。
小学生の時に読んだのってどなたの訳だったんだろう?
借りた場所や本の口絵の雰囲気は覚えているんですが。
今読んでも魅力的なC・オーギュスト・デュパンでありました。
| はな | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE